ミルクケフィアグレインとは?種菌の原料について

ミルクケフィアグレインズ

グリークヨーグルトのようにクリーミーでリッチな味わいが人気の発酵乳飲料「ミルクケフィア」。

 

バクテリアと酵母が共に発酵する過程で豊富なプロバイオティクスが生成され、消化器官をスムーズに促して、腸内環境を整えてくれます。手軽に健康管理できるのがいいですね。

 

ミルクを消化できない乳糖不耐症の方も「ミルクケフィアグレイン」はタンパク質構造の一部を乳酸に変化させて消化を容易にするので、問題なく飲める方も多いです。

 

自宅で「ミルクケフィア」を作るには、発酵プロセスを進めるための種菌「ミルクケフィアグレイン(ミルクケフィア粒)」が必要になります。

 

そこで今回は、「ミルクケフィア」を作る際に必要な種菌「ミルクケフィアグレイン(ミルクケフィア粒)」はどういった原料なのか、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

ミルクケフィアグレイン(ミルクケフィア粒)とは?

 

ミルクケフィアグレインズ

 

濃厚でコクのある味わいが人気の「ミルクケフィア」を作るには、牛乳または羊のミルクに発酵する元となる種菌「ミルクケフィアグレイン(ミルクケフィア粒)」を加えます。

 

「ミルクケフィアグレイン」は白くて小さいカリフラワーが集まった形をしているゼラチン状の穀物です

 

穀物といっても小麦や米などの穀物ではなく、バクテリアと酵母がケフィアを発酵させるための細胞構造(スコビー)を意味します。

 

※ミルクケフィアグレインはグルテンフリーですから、小麦の摂取を制限されている方も安心して飲むことができます。

 

「ミルクケフィアグレイン」の原料は多糖類からなるケフィラン、タンパク質と脂質です。何十億もの微生物を含み、ミルクをケフィアに変えてくれるのです。

 

ミルクと混ぜることで乳酸菌と酵母が共に発酵し、乳糖や乳酸、その他の有益な成分が分解され、菌が活性化し、ミルクの発酵が進みます。

 

また、生きたプロバイオティクスを含み、体に必要なタンパク質、ミネラル、ビタミンといった栄養素が豊富です。

 

ケフィアの粒を新鮮に保ち保存すれば、菌が生きている間は無期限に再利用することができます。経済的に健康管理に役立てることができます。

 

 

 

ミルクケフィアの健康効果

 

ミルクケフィア

 

ミルクケフィアは「ミルクケフィアグレイン」を加えることで発酵するプロバイオティクス飲料です。ケフィアはカルシウム、アミノ酸、ビタミンB群、葉酸を豊富に含みます。

 

日常的にミルクケフィアを飲むことで、消化がスムーズに改善されたり、血圧とコレステロールの低下、喘息やアレルギー予防、免疫システムの向上などが期待できます。

 

1908年、ノーベル賞を受賞した国際的な研究者であるElieMetchnikoffは乳酸含有量とわずかな炭酸ガス飽和が腸管の運動と消化液を刺激し、唾液の流れを活性化することを発見しました。

 

実際にロシア医師会は患者の治療としてミルクケフィアを使用しており、医療食品としても高く評価されているのです

 

そのため、ロシアでは腹部の手術後にミルクケフィアを飲むことが推奨されています。

 

 

 

ミルクケフィアグレインの起源はロシアの北コーカサス地域

 

最近となっては、「ミルクケフィア」は欧米のセレブや健康志向の高い人たちの間で愛飲されており、世界中に消費されています。

 

しかし、元々「ミルクケフィア」はロシアの北コーカサス地方のみで厳重に守られてきた貴重な飲み物でした。数世紀の間、世界に知られていなかった秘密の飲み物だったのです。

 

コーカサス

 

ミルクケフィア粒は数千年前にコーカサス山脈の平原で誕生しました。ヤギの新鮮なミルクとケフィアの粒を組み合わせて、発酵サイクルによって「ミルクケフィア」が完成したのです。

 

遊牧民たちは冷蔵庫がない時代でも、ケフィア粒を使用してミルクを長期間保存して、ケフィアを作って飲む習慣がありました。

 

長寿で有名な北コーカサス地域の人々は100歳以上の割合が高く、その理由はミルクケフィアを主食にしているからだと言われています。

 

現代でも、「ミルクケフィア」を作るには、微生物であるバクテリアとプロバイオティクスが生きている「ミルクケフィアグレイン」が必要不可欠です。

 

最近は、世界中のネット通販サイトからケフィア粒を気軽に入手できるようになりました。これらすべてのケフィア粒はコーカサスから生まれた穀物の子孫なのです

 

 

 

ミルクケフィアの楽しみ方

 

自宅でミルクケフィアを作るために必要なのはミルクとケフィアの粒だけです。ミルクにケフィア粒を加えて、グラスを覆い被せて、室温で約16時間から24時間放置します。

 

ミルクケフィアの作り方

 

菌がミルクが腐敗するのを防いでくれる最適な室温は15.56 ℃〜32.22 です。15.56 ℃未満では穀物の働きが鈍くなる可能性がありますので注意してください。

 

32.22 ℃を超えると穀物が培養できるよりも早く腐敗します。真夏にエアコンがない部屋でケフィアを作るのは避けましょう。

 

ケフィア粒に含まれるバクテリアと酵母がミルクを発酵させると、ケフィア粒の微生物が増殖し、ミルクケフィアに変わります。完成後は、バターミルクのように濃厚な仕上がりです。

 

ケフィアを発酵させる時間に応じて、濃厚にしたり、飲むヨーグルトのように薄くすることもできます。一般的に発酵時間が長く、高い温度で発酵させると酸味が強くなります。

 

ミルクケフィア作りはヨーグルトのようにミルクを加熱したり、培養を加えて保温するプロセスがないので初めての方もカンタンです。

 

 

 

使用するミルクは?

 

使用するミルクは全脂肪動物乳、牛、山羊、羊の全脂肪乳などに適しています。

 

低脂肪ミルクでもミルクケフィアを作ることはできますが、ミルクの発酵に時間がかかることがあります。その場合は全乳の瓶に戻してください。

 

アーモンドミルク、豆乳、またはその他の乳製品を含まないミルクでミルクケフィアを作ることはできませんので避けてください。

 

ミルクケフィアはそのまま飲むだけでなく、フルーツを乗せたり、スムージー、ラッシーにしたり、様々な楽しみ方があります。

 

ケフィア アレンジ

 

 

 

まとめ

 

ミルクケフィアは程よく酸味があり、クリーミーで濃厚な味わいが美味しい発酵乳飲料です。定期的に摂取すると優れた健康効果をもたらします。

 

当サイトでご紹介しているブランド「Kefirko (ケフィルコ)」はコーカサスの高品質なケフィア粒です。穀物の品質は保証されており、手順とレシピが付属されています。ぜひお試しください。

 

Kefirkoミルクケフィア グレインズ

 

別の記事を読む

最新ブログ

MINOR FIGURES バリスタオーツミルク 数量限定販売中

MINOR FIGURES バリスタオーツミルク 数量限定販売中

[MINOR FIGURES] バリスタオーツミルク1Lを数量限定で販売中です     ▼対象ショップ BIOLY Yahoo!ショッピング店 Amazon 全国送料無...
ブログを読む
ミルクケフィアグレインとは?種菌の原料について

ミルクケフィアグレインとは?種菌の原料について

グリークヨーグルトのようにクリーミーでリッチな味わいが人気の発酵乳飲料「ミルクケフィア」。   バクテリアと酵母が共に発酵する過程で豊富なプロバイオティクスが生成され、消...
ブログを読む
ウォーターケフィアの原料「ケフィアグレイン」とは? どのように菌ができる?

ウォーターケフィアの原料「ケフィアグレイン」とは? どのように菌ができる?

近年、健康志向の高い人たちの間で、「ケフィア」を取り入れる健康法が流行しています。   「ケフィア」の見た目はヨーグルトそっくりですが、ヨーグルトよりも多くの善玉菌やバク...
ブログを読む
プラスチック製の食器類・保存容器は人体に安全なの?どんな健康リスクがある?

プラスチック製の食器類・保存容器は人体に安全なの?どんな健康リスクがある?

ポリプロピレンなどプラスチック製の食器や容器は軽くて割れにくく、利便性が高いために赤ちゃん用の食器や学校給食の器にも利用されています。   しかし最近は、アレルギー体質の...
ブログを読む
無添加食品・オーガニック素材と一緒に取り入れたい!安全性の高い食器を見極めよう

無添加食品・オーガニック素材と一緒に取り入れたい!安全性の高い食器を見極めよう

家族の健康のために、そして将来も元気なカラダでいるために、日頃から無添加食品やオーガニック素材を選んでいるという方は多いでしょう。   スーパーの食材やレストランのメニュ...
ブログを読む
BPAフリーとは?食品の保存容器・食器プラスチック包装等の安全性について

BPAフリーとは?食品の保存容器・食器プラスチック包装等の安全性について

近年は健康を意識して、スーパーでは無農薬野菜や有機栽培といった安全性の高い自然食品を選んでいる方が増えている傾向にあります。   自然食品は一般的な食品と比べて栄養価値が...
ブログを読む